オーナーへメッセージ

2014年01月21日

わうくんの経歴とか(笑)♪

・・・終わった章なはずなんですが、諸事情により書きます。w




『わぅくん』が、ちやほやされだしたと、自分で強く意識し

出したのは、小5の頃・・・。


6年生のおねぇさま達が休憩時間に、毎日とっかえひっかえ

神聖な教室に訪れ 『愛に』もとい・・逢いにきてくれては

ボキの頭を撫でたり、『かわいいね~』っていわれたりの

毎日でした・・・。   




話は箸折りますが・・・・・・・・・・。

小学1年生から、男の子との男らしい遊び(昆虫採集とか)

をしつつ?複数の近所の女の子と、バトミントンとかピンクレディ

の歌真似とかでの遊ぶスタイルは、すでに 10歳を

迎えるまでに、習得していたかもしれません。




地元で、この『ピンクレディのモノマネ』をしていた女性の

名前と、そのお店の名前を言うと、ドン引きしまっせwww



で、そんなこんなが、あたり前だったわうくんも 中学生になり

入ったクラスの、ある女子から5月ごろ(速攻やないかい;)

紀三井寺の某中手鉄工所の娘から『わぅくん・・・好きです。』

ってゆう内容の手紙とお家へのお誘いがありました。


その週末、何も解らず、わうくんはその誘いに乗って、彼女の豪邸に

行きました。


そこには、同じクラスのおとなしい感じの少女と、親分肌な彼女が

居ました。



中に入ると、デザートや、ドリンクなどが用意されており

『わぅくん・・・まってたよ~』ってゆう 彼女のハスキーボイスと

不気味で不自然なオーラが漂ってました・・・。

相方の『水野』って女の友達だったんですが、あまりにその不自然な

空気と、進行に??????ってなり


・・・わうくんはここで、『不気味なオーラ』を感じすぎたせいか?

1時間で帰りました。

これが『正解』でした・・・・・。




続くのか?

Posted by わうくん at 22:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。